つわり 体験談

辛すぎる吐きづわり

つわり,体験談

 

妊娠が発覚してすぐに始まったのが辛いつわりです。
私はつわりが来て2週間ほどしたあとから、嘔吐する生活が2ヶ月以上続きました。

 

初めは「少し気持ち悪いな」というくらいでした。

 

柑橘系の匂いを嗅ぐと少し気持ち悪さが和らぎ、
その時していた仕事もまだ続けることができました。

 

しかしそれもつかの間、ある時の朝、朝食を食べた後壮絶な気持ち悪さに襲われて、
吐いてしまいました。

 

「これがつわりか」と冷静に思っていましたが、しばらくしてまた吐いてしまいました。

 

風邪の時などに気持ち悪くなって吐いたとしても吐けば気分が良くなりますが、
つわりのしんどいところは、吐いても全然気分が良くならず、繰り返してしまうところです。

 

あまりに辛い時はこのまま死ぬんじゃないかと考えてしまうほど痩せてしまい、
水分も取れなくなっていました。

 

ネットでつわりにこれが効く!というものは全て試しましたが、
結局のところつわりで吐くときは吐くし、ダメなときはもう仕方ないと思いました。

 

栄養を考えての食事なんてできなかったので、食べられるものを食べるだけでした。

 

いつ終わるんだろうとカレンダーを見る日々が続き、
外出もできなくて暗い気持ちになってしまっていましたが、
唯一赤ちゃんのエコー写真を見た時はこの子が成長してくれているんだ、
と思って乗り切ることができました。

 

妊娠4ヶ月を過ぎる頃にはつわりが和らいできたのが分かりました。

 

ぶり返すこともありましたが、あれ、今日は吐かなかった!という日が増え、
ついにつわり終了と思える日が来た時は本当に嬉しかったです。

 

今は赤ちゃんが無事生まれてくれるのを願うばかりです。