つわり 体験談

第二子妊娠中のつわり

つわり,体験談

 

「兄弟を作ってあげたい」との思いから2人目の妊活を始めて約1年が過ぎようとしていました。

 

第一子を産んだ後、主人の転勤についていくため仕事を辞めていたので、
できるだけ早く子供を授かって、また仕事を探したいと思っていました。

 

ですが、約1年もの間授かることができませんでした。

 

上の子が3歳になろうとしている頃、ようやく妊娠検査薬で陽性が出ました。
その時は本当にうれしかったです。

 

しかし妊娠がわかってから少し経つと始まるのがつわり。
私にもそれはやってきました。毎日だるいし気持ち悪いしで動くのがつらかったです。

 

上の子の時もつわりがひどく、ほとんどものを食べることができませんでした。
毎日毎日気持ち悪くて、青い顔をしながら会社に行っていました。

 

今は仕事をしていないのであの頃より楽かな〜なんて、
つわりが始まる前の私は気楽に考えていましたが、上の子の相手でそれどころではありませんでした。

 

3歳くらいの子なんて、お出かけしたくてしょうがない時期です。
児童館に何とか連れていっても、恥ずかしがり屋のうちの子は私がいないと遊べません。

 

本当につらかったです。

 

食事の面でも、子供の食事、旦那の食事、私の食事と3パターン用意しなくてはなりません。
上の子の時のつわりと違って、気持ち悪いけど食べられる状況だったので、私の食事は食べたいものを用意していました。

 

ただそれは小松菜とか、スイカとか、そういったものだったので、
子どもの食事、旦那の食事は別でした。これを作るのも大変でした…。

 

つわりの時はちょうど赤ちゃんの大事な器官が作られる時期なので、
栄養を考えて食事をしたかったのですが、それどころではなく、
好きなものばかり食べてしまいました。

 

でも、サプリメントは飲んでいたので、それでぎりぎり補っていたという感じです。